Global Industry Supporter:

日本語

バイドゥとShouqi、無人運転車で連携

Xinhuaによると、中国の最も人気のある検索エンジンのバイドゥ(百度)およびタクシー手配サービスを営むShouqi Limousine …

Alipayの親会社、顔認識会社における投資を増大

Alipayの親会社Ant Financial(アント・フィナンシャル)は、4億6,000万ドルの資金調達ラウンドの際に、AlipayのSmile …

PaytmのCEO、先進国市場での事業拡大を目指す

インドのモバイルウォレット会社PaytmのCEOであるVijay Sharma氏は、米国、欧州、および日本を含む先進国市場へのサービス拡大を目指している。 …

SKT、リピーターテストで5Gアクセラレーションを模索

SK Telecom(SKT)は、5Gサービスの開始を加速する研究開発の一環として、プレスタンダード5Gリレーリピーターをデモで使用して4Gb/秒のピークダウンロード速度を達成したことを発表した。 …

LTEの世界的な成長に伴い、4G速度が低下

OpenSignalによると、4Gは、世界的に利用可能になっているにもかかわらず、世界で最も発展しているLTE市場の一部においてその速度が頭打ちになり、低下も見られているという。 最新の「State …

中国電信COOが14か月で辞任

中国第3の通信事業者である中国電信が楊小偉(Yang Xiaowei)COO …

ファーウェイがMateBookシリーズを中国でリリース

ファーウェイが基調講演の中で、主力製品であるMateBook Xを軸に、同社の最新コンピュータ製品を中国の家電市場に投入することに言及した。 …

CTA代表が中国のハイテク戦略を賞賛

全米民生技術協会(CTA)のガリー・シャピロCEOが、中国は優れた米国モデルを取り入れ、そこに改良を加えていると述べ、同国の科学技術投資への取り組みを賞賛した。 シャピロCEOは、「中国はとても理にかなった戦略を採用している。米国と似てはいるが、さらに優れた点もある」と述べた上で、中国は、「科学技術と技術革新に重点を置いてインフラストラクチャと教育に投資している」と説明。技術革新こそが、「政治的・技術的混乱の時代」における数々の主要グローバル課題に対する処方箋を提示できると述べ、中国の取り組みはまさに時機を得ているとコメントした。 …

スマホアプリが中国のネットショッピングを活性化

中国の消費者の半数以上は、スマートフォンを使ったオンラインショッピングが好きで、全米民生技術協会(CTA)の調査によると、月平均119ドルを費やしている。この数字は、米国の水準をわずかに下回るにすぎない。 調査を受けた人の10人中9人が、スマートフォンを使ってオンラインショッピングをしている。ウェブサイトではなくアプリを使う人の割合も高まっており、回答者の65パーセントは、速く、特別割引サービスが受けられ、モバイル決済プラットフォームが使用できるという理由でアプリが好きだと答えている。 …

自動車産業からの技術提携ニーズが増大

運輸業界で今、抜本的な変化が起きており、自動車メーカー各社が、ユーザーエクスペリエンスと輸送効率の向上のために、ハイテク企業と提携する必要に迫られている。 これは、アリババグループと自動車メーカーSAICによる新興ベンチャーである斑馬科技(Banma …