Gartner: スマートフォンの売り上げが、フィーチャーフォンを上回る - Mobile World Live

Gartner: スマートフォンの売り上げが、フィーチャーフォンを上回る

14 AUG 2013

Gartner社は、エンドユーザーに対するスマートフォンの売り上げは、2013年の第2四半期で初めてフィーチャーフォンの売り上げを抜き、この通期で18億2000万台の予測を維持していると述べた。ライバルの調査会社IDCは、すでにこの主張をしており、以前に、スマートフォンは今年の第1四半期中に市場を支配すると述べており、相違は使用される定義に基づいているように思われる。IDCは「出荷」という用語を使用しており、 それには小売店やまだ消費者に届いていない事業パートナーへの売り上げが含まれている一方で、Gartnerの数字は、「エンドユーザーに対する売り上げ」に基づいている。

Gartnerによると、2億2500万台のスマートフォンが第2四半期に販売された。これは前年比で46.5パーセントの成長を表している一方で、フィーチャーフォンの販売は2億1千万台で、21パーセント減少した。アジア太平洋地域(74.1%増)、中南米(55.7%増)、東欧(31.6パーセント)は、最高のスマートフォンの伸びを示した一方で、売り上げは全地域で増加した。サムスンは当期間中に最大の携帯電話ベンダーで、1億753万台を販売。ノキアは堅実に第2位の位置を確保し、6095万台を販売。それぞれ市場シェアは、24.7パーセントと14パーセントだった。ノキアの市場シェアは依然として、第3位に位置するアップルのほぼ2倍(3190万台、7.3パーセントの市場占有率)。一方でノキアは、野心的な地域のメーカーや中国メーカーなど、さまざまなメーカーとの競争にさらされている。

Gartnerの主任リサーチアナリスト、アンシュル・グプタ氏は、「休暇に間に合うように市場に投入された旗艦デバイスや、スマートフォンの継続的な低価格化が、下半期に消費者採用を促進するでしょう」と述べた。

Author

Mobile World Live

Mobile World Live is the online service dedicated to providing the mobile industry with daily news coverage & analysis of the biggest global market developments.

Read more