日本語

1

中国大手3社、国内スマートフォン市場のシェアを拡大

中国の大手スマートフォンメーカーであるファーウェイ、OPPO、Vivoの3社がいずれも、第2四半期に国内スマートフォン市場のシェアを拡大。市場全体の成長率4.6パーセントを大きく上回る成長を見せた。   …

2

サムスン、過去最高に迫る高収益を予想

家電大手のサムスンが、今年度の営業利益予想を30兆6000億ウォン(275億ドル)と発表。営業利益が30兆ウォンを超えるのは、36兆8000億ウォンを記録した2013年以来、同社にとってもまだ2度目のことで、韓国の金融アナリストによると、旗艦モデルであるGalaxy S7およびS7 …

kmwl_1

中国がモバイル決済で世界をリード

市場調査会社eMarketerによると、昨年、店頭での商品やサービスの決済に携帯電話を使った人の数が2倍以上に増え、今年は1億9500万人を超える見通しであることが判明した。この数字は、中国に8億500万人いるスマートフォンユーザの4分の1に相当する。   …

kmwl_2

テンセントが日本でのWeChat Pay拡大を目指して提携

中国のインターネット大手テンセントが、日本のソーシャルデータプロバイダであるホットリンク社と提携。WeChat Payサービス導入10,000店舗の年内達成を目指す。 …

kmwl_2016-01-22_1

シンガポールのM1がファーウェイの1Gb/秒通信を実証

シンガポール第3のキャリアであるM1が、ファーウェイの商用ハードウェアとCAT14の試作品を使用し、自社のLTE研究所で最大1Gb/秒超のダウンロード速度を達成したと発表した。 同社によると、この実験は、3つの搬送波を束ねたキャリアグリゲーション(CA)、4×4 …

kmwl_2016-01-22_2

TSMCが設備投資を100億ドルに増額

昨年度の決算で過去最高益を記録した台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー(TSMC)が、競争力維持のために今年度の設備投資を23パーセント増の100億ドルへと引き上げることを計画している。 台北タイムズの報道によると、アップルのiPhone …

kmwl_2016-01-22_3

中国でモバイル機器による決済が65%に増加―アリペイ

Eコマースの大手アリババのモバイル決済部門で、中国最大のサードパーティ決済サービスプロバイダであるアリペイの調査から、中国で昨年、モバイル機器による決済がオンライン決済全体の約65パーセントに上ったことが判明した。 2014年にはこの数字が49パーセントであり、その増加率から、今後は財布がスマートフォンに置き換わる人が多数派になると予想する声も出てきている。 …

NTTドコモの大規模な4G事業計画

映像インタビュー: NTTドコモが、世界初の5G通信サービスの提供に先駆け、4Gネットワークの大型増強を計画している。今年中にピークダウンロード速度300Mbps(理論値)を達成し、2016年のTD …

グーグル、モジュール式スマホの販売を遅延

グーグルのモジュール式スマートフォン「Project Ara …