Home > 日本語
ID:::

日本語

  • 中国がより安価で高速な4Gを推進 Edit Post

    中国の李克強首相が国内のモバイルインターネットにかかるコストの高さと速度の遅さを批判したのを受けて、テレコムレギュレーターはコスト削減とスピード向上を推進することをモバイル業界に約束した。 北京新報によれば、今週前半、李首相は「Wi-Fiスポットの場所を尋ねる人々の数は多いが、これは中国における通信費用が高すぎるためである」と起業家やエコノミストに述べたという。 中国日報によれば、料金値下げの方法研究を求めた首相の要請に応じて、産業情報技術省(MIIT)は、競争力のある価格で高速ネットワークを提供するためにオペレータと協力して4Gネットワークを構築することを約束したと述べた。 NetEast会長である丁磊氏は李首相のクレームに応え、そのスピーチで、モバイルインターネットの利用を必要とした、専門技能をもつブルーカラー労働者層が中国経済で必要になっていると言及した。「しかし現在、通信料金は1GBあたりCNY70(11ドル)程度の高い水準となっており、それが障害になるだろうと思われる」と丁氏は述べている。 李首相は1ヶ月以上前の国家委員会の会合でも、ネットワーク速度の問題について同様の声明を出している。 しかし、テレコム研究者である項立剛氏は、大都市と中規模都市でのモバイル接続の平均速度は米国や西ヨーロッパと比較しても遅くはないと中国日報で述べている。項氏は、小都市や農村地域での4Gサービスの遅さが国全体としてのスピードの低下につながっていると指摘している。

  • ファーウェイがファブレット製品とともに2015年の最高機種を初公開 Edit Post

    ファーウェイ社(華為技術有限公司)は、「先端技術と洗練されたデザインの組み合わせ」を謳いつつ、2015年の最高機種スマートフォン、P8をファブレット製品P8 Maxとともに初公開した。 ファーウェイ消費者ビジネスグループのCEOであるRichard Yu氏は、「私たちは、この端末が2015年の最も人気あるスマートフォンの1つになると完全に信じている」と述べた。 製品開発がフルメタルユニボディへ移行したことから伺えるように、ファーウェイは新製品デザインの研究に多大な時間を費やした。同社のモバイルデザインチームの代表であるJoonsuh Kim氏は、「固体金属を利用した開発は容易ではないが、結果は驚異的である」と述べている。 ファーウェイ社は、比較対象製品としてアップル社のiPhone6とサムスン社のGalaxy S6を挙げ、P8が両機種よりもスリムであり(6.9mmと6.8mmに比べて6.4mm)、スクリーンとボディの比率がより優れている(サムスン端末の70.8%、およびiPhone6の66.8%に比べて78.3%)と述べている。 本端末は、5.1インチの「IPS-NEO」ディスプレイを特徴とし、より明るく(さらに15%明るい「透過率」)、よりシャープで(コントラスト比率は1500:1)、使用時間がより長く(電力消費量を15%削減)なっている。 昨年P7によってグループセルフィー「groufies」を普及させたその取り組みに続き、ファーウェイ社の今回の最高機種もやはり奇抜なコンセプトを導入している。そのコンセプト「ナックル感覚テクノロジー」では、指の関節によるダブルタップを検知してスクリーンショットを撮影し、指の関節でスクリーンをなぞって画像を「トリミング」することが可能である。 本端末のカメラ機能を紹介する際にYu氏は、その「カメラ理念」は従来のスマートフォンで弱点であった、弱光と強いコントラストという2つの問題に焦点を合わせたものだと述べた。P8の初公開時にYu氏は、本端末が「ベストインクラスのOIS」、「世界初の4色13MP RCBW画像センサー」(弱光および高コントラストの性能を改善)、およびDSLR-レベル独立イメージシグナルプロセッサを搭載していると述べた。 今回サムスン社とアップル社の両ライバルに再度狙いを定めた上で、Yu氏は、このカメラが突出するレンズを搭載しておらず「シームレスで、滑らかで、突出物がない」、また「カメラはそれ自体で美しくなければならない」と述べている。
  • 欧州委員会がAndroid調査を開始 Edit Post

    欧州委員会はGoogle社に対する公式の訴訟手続きに入り、「スマートフォンとタブレット向けのアプリケーションだけでなく、Androidモバイルオペレーティングシステムに関連した会社活動がEU独占禁止法に違反したかどうかを詳細かつ完全に調査する」ことになった。 欧州委員会によれば、初期調査をすでに開始しており、2件の申し立てを受け取り、それが現在の行動方針を決定させる要因となったという。今回焦点となるのは、自社の代替製品を特にサポートするよう製造業者に「要求または促す」ことで、Google社がライバル社のアプリおよびサービスの開発や市場アクセスを妨害したかどうか、また、特定のGoogleアプリおよびサービスその他のタイアップまたはバンドル化で生じる影響などの問題である。 また、Android端末の製造業者がその他の製品で「修正され、競合の可能性があるAndroidバージョン」もサポートすることをGoogle社が妨げ、代替プラットフォームの開発を妨げたかどうかについても焦点となる。 Google社のAndroidエンジニアリング担当VPであるHiroshi Lockheimer氏は、自社の立場を擁護し、アプリの入手可能性は「Android端末の製造業者が、同様のベースラインアプリと一緒にプリロードされているApple社、Microsoft社、その他のモバイルエコシステムと競争する上で役立つ」と述べている。